コーチング:人々の潜在能力を引き出す鍵

コーチング
ホームページ » 自己認識 » 自己啓発 » コーチング:人々の潜在能力を引き出す鍵

人生や仕事において目標を達成し、成長し続けるためには、時折外部からの助けが必要です。コーチングは、そのような助けを提供し、個人や組織が潜在能力を最大限に引き出すための力強い手段です。本記事では、人生やキャリアにおいてポジティブな変化をもたらすために、コーチングがどのように活用されているのか、ぜひ探求してみましょう。

コーチングとは何か?

コーチング(英語:coaching)は、人々から解決策を引き出すプロセスであり、それによって彼らの潜在能力が実現され、解き放たれます。人生や仕事で望む場所に人々を導くことに関わります。

コーチングの対話では、コーチは解決策や提案を提供しません。特別な許可が得られるまで、それを行いません。その代わりに、効果的なリスニング、素晴らしい質問の提案、フィードバックの使用、激励の表明など、さまざまな技術が利用され、コーチ対象者が自分の答えを見つける力を引き出すことが目指されます。そして、継続的にサポートし、目標を実現するために行動するための自信を持ち、責任感を持つよう促します。

国際コーチ連盟(ICF)によれば、コーチングは「クライアントと協力して、考えさせられる創造的なプロセスを通じて、個人および専門的な潜在能力を最大限に引き出すことをインスパイアする」と定義されています。このプロセスは、以前には未開発だった想像力、生産性、リーダーシップの源をしばしば開放します。

コーチングとは、人々の潜在能力を解き放ち、パフォーマンスを最大化することです。 それは彼らに教えること(ティーチング)ではなく、彼らが自ら学ぶのを助けることです。

ジョン・ホイットモア

コーチングの起源

「コーチング」という言葉は、その起源を16世紀に持ち、最初は交通手段を指していました(馬車)。そのルーツはハンガリー語の「kocsi」にあり、これは高品質な馬車で知られるKocs村で生産されたものを指しています。この時点では、コーチングは個人を運送する物理的な行為と関連していました。

時が経つにつれ、この用語は比喩的な変容を遂げ、人々の個人的および専門的な発展を指すプロセスを象徴するようになりました。最初の記録された使用例は、1830年頃のオックスフォード大学でのものでした。この環境では、「コーチ」は生徒を試験を通過させ、彼らにガイダンスとサポートを提供する指導者でした。

この概念は後に、スポーツの領域に進出することでさらに拡大しました。スポーツと関連した最初の記録された「コーチ」の使用は1861年に起きました。スポーツコーチングは、アスリートやチームのパフォーマンス向上において重要な役割を果たし、これが他の分野への影響の舞台を設定しました。

20世紀に入り、コーチングは進化し多様化し続けました。それはスポーツだけでなく、演劇、ビジネス、教育、医療、人間関係など、さまざまな分野を形作り始めました。これらの分野の専門家たちは、コーチングが個人および専門的な成長を促進し、パフォーマンスを向上させる価値を徐々に認識しました。

1970年代頃、コーチングは職業になりました。これは成人教育、ヒューマンポテンシャル運動、リーダーシップ研究、個人開発、心理学などの複数の要因によって大きく影響を受けました。

シドニー大学は2000年に初めてコーチング心理学のユニットを設立し、これはコーチングを研究対象とした重要な節目でした。年月が経つにつれ、コーチングは成長し多様化し続けています。さまざまなタイプやスタイルのコーチングが登場し、それぞれ特定のニーズと目標に合わせています。

コーチング

コーチングの目的

コーチングは、被指導者が自分の目標、強み、弱み、およびそれらに対処する解決策を特定するのに焦点を当てています。これは、コーチによる思索を促す質問を通じて、探求と反映のための安全で非判定的な空間を作り出すことを含みます。

主な目的:

  • 被指導者に自己認識を発展させるための条件を作り出す。
  • 望ましい目標を達成するためのサポートを提供する。
  • 自己制御の精神を構築する。
  • 仕事や生活においてパフォーマンス向上のための潜在能力を引き出す。
  • 問題解決、意思決定、創造的思考能力を養う。
  • 望ましい方向に持続するよう被指導者を奮い立たせる。
  • 変化の実行に対するガイダンスを提供する。
  • 自己啓発のための健全な環境を育む。
  • その他。

コーチング

コーチングの対象

コーチングのメリット

コーチングは責任感を生み出し、責任感は成果を生み出します。

  • 自己改革を促進する

コーチングには多くのメリットがあります。そのうちの1つは、生活で望む変化を現実するために、行動や習慣を肯定的に変革する影響があります。コーチは被指導者が強み、才能、情熱を活かして変革を促進するのを支援します。これは素晴らしい質問を通じてクリエイティビティと探求プロセスを刺激する対話を通じて行われます。被指導者はそれによって、望む結果を得るための主要な動機を深く見つけ出すよう促されます。

  • 変化のための計画を立てる

コーチングの会話で定義された具体的な主要な目標とステップは、行動のためのパーソナライズされた計画に変換されます。これは、被指導者が求めている変化への取り組みを記録すると同時に、彼らを責任を持たせるための重要な文書です。

人々は結果への深い責任感を持ち、彼らを前進させるシステムに支えられるときに非常にやる気を引き出します。望ましい結果に向けて進む中で、組織やステークホルダーに対してより大きな影響を生み出します。

  • 自己認識とリーダーシップ能力を向上させる

コーチングは人々に、強み、弱み、価値観、信念を含むより深い、包括的な自己理解を得させます。この自己認識は、模範を示すことや他をインスパイアするような意思決定力やリーダーシップ能力向上の基盤となります。

  • 対人スキルを向上させる

効果的なコーチングは、被指導者に自分自身をより明確に表現し、他者を熱心に聴く機会を提供することがよくあります。その結果、他者とのコミュニケーションが向上し、難しい相手や組織内の対立を解決する能力が高まり、より調和のとれた職場環境が築かれます。

自己啓発

自分を知る

コーチングを行ったり受けたりする人は、そうでない人に比べて大きなアドバンテージを持っています。

ジャック・キャンフィールド博士とピーター・チー博士

職場におけるコーチングの重要性

コーチングは、ダイナミックな職場環境を形成する上で重要な役割を果たしています。これは従業員とリーダーの両方にさまざまな方法で影響を与えています。以下はそのいくつかの点です:

  • 教育と職場経験を結ぶ

コーチングは、形式的な教育と実践的な職場経験を結ぶ重要な橋渡しとなります。伝統的な教育は技術的な知識を人に提供する一方で、コーチングは存在感、コミュニケーション、および影響力などのソフトスキルを磨くことに焦点を当てています。これらのスキルは、人間関係やチーム全体の機能に不可欠です。

コーチングを通じて従業員がソフトスキルを向上させると、彼らはより参加し、生産的になります。現在の役割でのパフォーマンス向上は、キャリアの進展につながり、個人と組織の両方に利益をもたらします。

  • 信頼、協力、エンパワーメントの育成

チームメンバーを意思決定プロセスや問題解決活動に巻き込むことで、コーチングは職場内に信頼、協力、エンパワーメントの文化を植え付けます。人々が価値を感じ、聞いてもらえると、彼らのモチベーションと参加レベルが向上し、仕事に自信を持てるようになり、最高のパフォーマンスを発揮する可能性が高まります。これは彼ら自身だけでなく、チームダイナミクスと全体的なパフォーマンスの向上にもつながります。

  • リーダーの影響力の向上

効果的なリーダーシップは組織の発展に不可欠です。コーチングは、コミュニケーション、デレゲーション、チームビルディングなど、多岐にわたるスキルとテクニックをリーダーに提供し、急速に変化するビジネス環境の複雑さに対処するための力を付けます。リーダーがより効果的になると、組織を目標とビジョンに向けて進める能力も著しく向上します。

  • 組織の変革とイノベーションの促進

絶え間ない変化が特徴の世界で、コーチングは組織が学習志向のマインドセットを採用するよう奨励します。その結果、人々はベストプラクティスを作成し共有する力を得て、持続的な改善の文化を育むことができます。コーチングは労働力のポテンシャルを開放し、チームメンバーが新しいアイディアと解決策を生み出す手助けをします。これは、企業を新たな課題と機会に適応できる市場リーダーとして位置づけるために重要です。

  • よりポジティブな職場文化の構築

コーチングは、チームメンバー間のオープンなコミュニケーション、協力、サポートを促進することで、職場文化の変革に寄与します。従業員がサポートされ、価値を感じると、仕事に幸福感を感じ、生産的になり、対立や欠勤に巻き込まれることが少なくなります。

  • トップの才能を引きつけ、維持する

今日の競争激しい求人市場において、トップの才能を引きつけ、維持することは組織にとって重要な課題です。コーチングは従業員が役割で繁栄するために必要なサポートと成長の機会を提供します。参加意欲とモチベーションの高い従業員は、他の雇用を求める可能性が低くなり、離職率を減少させます。

コーチングのリーダーシップスタイルを採用する組織が有する力を証明する様々な研究結果の一例として、ハーバード・ビジネス・レビューに掲載されたものがあります。これによれば、人事管理においてコーチングを実践している組織の40%が、他の組織に比べて人材の定着率が高いと報告しています。

影響力と誠実さを利用して人々に力を与えるマネージャーは、真に尊敬されるコーチングリーダーになります。

コーチングとティーチングとメンタリングとトレーニングの違い

コーチングには関連する用語がいくつかありますが、その中にはメンタリング(mentoring)、ティーチング(teaching)、トレーニング(training)などが含まれます。見かけ上の類似性が存在するものの、これらはアプローチの根本的な違いがあります。

コーチングを他の手法と異なるものにしているのは、その焦点が被指導者が自らの目標と解決策を確立することにある点です。コーチが自分の提案をする場合もあるが、コーチを受ける人が自己認識、責任感、目標達成への取り組みを育むことが重要です。

以下は、各側面に応じた 4 つの用語の違いの詳細な比較です:

側面

コーチング

(Coaching)

メンタリング

(Mentoring)

ティーチング

(Teaching)

トレーニング

(Training)

目的目標の設定と達成をサポートメンティーの発展を導く知識とスキルの蓄積
仕事に関連するスキルの開発
目標設定被指導者(コーチー)が自分の目標を設定メンターが目標設定プロセスを指導カリキュラム/インストラクターによって特定
トレーニングニーズに基づいて特定
解決策被指導者が自ら解決策を導き出すメンターが解決策を提供することがある教師によって提示される
トレーニングで教えられ実践される
オーナシップ被指導者が自己の発展にコントロールを持つメンティーがメンターの指導の下で専門知識を得る自分のコントロールが限定される
トレーニーがプログラムの制約内で学習進捗にコントロールを持つ
責任被指導者が自分の進捗に責任を持つメンターがガイダンスとサポートを提供学習者が課題/評価に責任を持つ
トレーニーが参加/スキル習得に責任を持つ
コミットメント被指導者が目標達成にコミットメンティーがメンターの専門知識を通じて成長外部要件と個人の願いに基づく
仕事の要件と職業的発展目標に基づく
担当者の役割コーチが時折提案を行うメンターが専門知識、経験、つながりを共有教師が情報を提供し学習を導く
トレーナーが指導しスキルの開発を促進
学習方法自分探しと内省さまざまな方法、セッション共有、講義など講義、デモンストレーション、ディスカッション、実習
実地演習、シミュレーション、ケーススタディ、ロールプレイング
年齢/経験通常、特定の要件はないメンターは通常、年齢や経験が豊富知識と教育スキルが必要
トレーニングコンテンツによるが、専門知識が必要
関係の期間短期または長期の可能性がある通常は長期コース/プログラムによる
トレーニングプログラムによるが、しばしば短期

自己啓発

コーチングの種類

  1. エグゼクティブ・コーチング(Executive coaching)

職場におけるコーチングは通常、エグゼクティブまたはリーダーシップ・コーチングとして知られています。その目的は、リーダーがさらなる高みに到達することで、優れた成果を生み出すための肯定的な変革を促進することです。このプロセスは、リーダーに組織や他者への価値をさらに提供する力を与えます。

エグゼクティブ・コーチングは、CEO、ディレクター、およびマネージャーなど、高位の幹部を対象にしており、彼らのリーダーシップスキルを磨き、組織のビジョン、戦略、および目標を策定(および実行)するのを支援します。したがって、これは過去の成功を基にしてさらなる業績の向上を図るために、リーダーが自己に深くアクセスする道を切り開きます。また、内外の障害を克服するリーダーは、プロセスからより良い位置で将来の成長に備えることができます。

  1. パフォーマンス・コーチング(Performance coaching)

パフォーマンス・コーチングは組織内での現在の役割の最適化に焦点を当てています。新しいスキルの習得を支援し、成功を妨げる障害を特定および乗り越えることにより、パフォーマンスを最適化することに集中しています。明確な目標を設定し、ガイダンスを提供することで、被指導者は自分の職業的な目標を達成することができます。

  1. ストラテジー・ビジネス・コーチング(Strategic business coaching)

個人およびチームを対象としたストラテジーまたはビジネス・コーチングは、効果的なビジネス戦略の開発と実施を支援します。これには市場調査、競争分析、財務計画、およびマーケティング戦略が含まれる場合があります。これにより、ビジネスはより高い収益性と持続可能性を目指して導かれます。

  1. ライフ・コーチング(Life coaching)

ライフ・コーチングは広範な範囲を対象とし、個人および職業的な発展の両方に焦点を当てています。この場合、コーチは他者と協力して、関係、健康、個人の成長、仕事とのバランスなど、総合的な幸福の目標を達成する手助けをします。最終的な目標は、より充実した、目的を持った生活を送ることを可能にすることです。

  1. チーム・コーチング(Team coaching)

チーム・コーチングは、同時に複数のメンバーにガイダンスを提供します。これはコーチングをより費用対効果の高いものにし、協力的な学習環境とコーチング文化の形成に寄与します。チーム・コーチングセッションの参加者はお互いから学び、チームワークを向上させ、共有の目標に向けて協力して作業する機会があります。

  1. キャリア・コーチング(Career coaching)

キャリア・コーチングの目的は、人々が興味、スキル、価値観を探求し、キャリアの目標を明確に視覚化できるよう支援することです。これにはキャリアの転換のための戦略的な計画、仕事の変更への対応、失業の課題への取り組みが含まれる場合があります。

  1. トランスフォーメーショナル・コーチング(Transformational coaching)

トランスフォーメーショナル・コーチングは、信念、仮定、習慣に焦点を当てています。これは深いかつ持続的な行動の変革を促進することを目指しており、限定的な思考パターンに挑戦し、成長のマインドセットを奨励します。このプロセスでは、自己認識と自分探しが不可欠であり、個人がその可能性を最大限に引き出し、夢を実現する力を得るのに役立ちます。

コーチング

コーチングスキル

コーチングスキルはさまざまな形で表れ、幅広い知識と能力を包括しています。以下は、基本的な8つのスキルです。

  • ゴール設定

コーチの主要な仕事は、被コーチ者が自分の目標を明確にし、それを達成するための詳細な行動計画を開発する手助けをすることです。具体的で、測定可能、達成可能、現実的、時間指定された(SMART)目標を設定することで、被コーチ者は明確に考え、明確な目標を持って前進する準備ができます。

  • 観察と評価

被コーチ者のボディランゲージに注意を払うことは、彼らの感情やコミットメントの状態に対する貴重な洞察を提供します。

  • アクティブリスニング

アクティブリスニングは、自分の考えやアイデアを一時的に置いて、被コーチ者に完全な注意を払うことを意味します。

  • 共感

注意深くなり、状況を相手の視点から見ようとすることで、コーチは被コーチ者が気づいていない思考や感情を適切に理解し調整することができる可能性が高まります。

  • 質問すること

質問する目的は、被コーチ者が以前に確立した思考の経路から離れて、未知の可能性に誘導することです。これにより、被コーチ者は何をすべきかを告げられるのではなく、自己所有を奨励されます。

  • 建設的フィードバックの提供

建設的なフィードバックの提供は、否定的で過去に焦点を当てるのではなく、具体的で実行可能な提案を考え出すことです。

  • 直感に従うこと

コーチングは事実に焦点を当てるものですが、被コーチ者との関わりにおいては自分の直感を信じることが同様に重要です。

  • 明確化

明確化は、コーチが質問し、被コーチ者が言ったことを要約することです。これにより、両者が同じページにいることが確認されます。

人材育成

コーチングの課題

  • 聞かないこと

コーチが聞く代わりに被コーチ者に何をすべきかを伝えると、障害が発生する可能性があります。被指導者がアイデアや問題に対処するための解決策を引き出すチャレンジに直面しない場合、代わりに何をすべきかが伝えられると、コーチングプロセスの効果は低下します。伝えるのではなく、聞くことはコーチが厳密に守る必要がある基本的な原則であり、これにより効果的な対話が生まれます。

  • 「存在」しないこと

別の課題は、コーチの内なる声が彼らの理知をかき消してしまうときです。聞くかわりに、コーチの心と精神は他の問題に彷徨ってしまうかもしれません。

「存在」することは、被コーチ者のアジェンダに焦点を当て、対話の準備ができ、彼らの状況、課題、抵抗、および恐れを理解します。

  • 質問スキルの不足

コーチが陥りやすい最大の落とし穴の一つは、導入的または判断的な質問をすることです。それは、被コーチ者が自分の解決策を探すのを妨げるものです。例えば、

「なぜ彼女に失礼だったのですか?」

賢明なコーチはむしろ次のように尋ねるでしょう。

「クライアントがもっと良く感じるために、あなたは何ができたでしょうか?」

好奇心と関心をもち、判断的な質問を避けることが不可欠です。コーチが真剣な興味、ケア、誠実さを示すと、被コーチ者は会話を狂わせる可能性のある防御的な態度を取ることはありません。

  • 準備不足

被コーチ者にとっての課題は、セッションの準備ができていないことがあります。賢明なコーチは通常、公式な会話の前に被コーチ者に連絡を取り、考えるための質問を送信して自己反省を促すことがあります。被コーチ者がその時間を取らない場合、セッションは望ましいほど実りのあるものにならないかもしれません。

人材育成の課題

コーチングの原則

  • 人間の潜在能力を信じる

熟練したコーチは、各人の独特な資質を認識し、可能性を秘めていると理解します。それは、人は自分なりの方法で偉大なことを達成する潜在能力を持っていると信じていることです。

  • 他者に価値を与える

コーチングは個人自身よりも大きな目的を果たす高貴な取り組みです。それは追求する価値のある目標のために生きることです。

  • 人々に自己リーダーシップを授ける

先に述べたように、コーチングは直接問題を解決するのではなく、個々の人々に自己リーダーシップを持たせることに関わります。

  • 強制ではなく影響を与える

影響を与えるのは他者を外部からの強制なしに行動を起こすか、自発的に決定させることです。

  • 挑戦を楽しむ

課題に直面したときは、その利点を見極めて楽観的な態度で取り組む必要があります。その時、あなたと被コーチ者は本当の意味でコーチングの喜びを体験できるでしょう。

  • 人の成長に情熱を持つ

コーチングは、他人だけでなく、私たち自身の成長にも貢献する貴重な経験です。他者を導き、サポートする情熱は、自分自身を振り返り、向上させるモチベーションとなります。

  • 他のコーチから学ぶ

優れたコーチになるためには、新しい習慣を身につけるための継続的な努力と、他者からの持続的な学びと指導へのコミットメントが必要です。

コーチングの原則に関する記事全文はこちら

コーチング

コーチングのやり方|詳しいプロセス

  1. フィードバックの収集から始める

通常、プロセスはフィードバックの収集から始まります。これは上司、直属の部下、同僚、およびステークホルダーから得られるものです。この情報は、変革に利用できる強みや改善の可能性がある領域を明らかにします。

  1. 改善すべき領域に焦点を当てる

次に、被コーチ者は変革したい領域に焦点を当てるようにコーチされます。これは自己啓発の目標またはビジネスの目標であるかもしれません。

質問やモチベーションの技法を用いながら、コーチは被指導者の潜在力を引き出し、彼らが画期的な目標を設定するのを支援します。

  1. 思考を促す

被指導者は創造力を深く掘り下げ、革新的な解決策を考え出すようにコーチされます。これにより、持続可能な競争上の優位性のための適切な戦略や潜在的な障害を特定できます。

  1. 「成功の日誌」に記録する

上記で述べたアイデアはすべて被指導者によって生成されます。これらは後に戦略、タクティクス、およびアクションステップに変換され、コーチングログに記録されます。このログは、旅全体での記録と「成功の日誌」として機能します。

コーチはまた、被指導者が望む結果を得るためにコースにとどまることを確認するための個人の説明責任システムの構築、サポート構造の確立、およびスコアカードの策定を支援します。

コーチングのやり方

コーチになるための条件

以下は、コーチングの仕事を得たい人に必要ないくつかの前提条件です:

  • マインドセットを変える

コーチになることは、人々が自分の目標を達成するお手伝いをする意欲を示すことです。この目的のためには、他者を信じるマインドセットを身につける必要があります。そうでなければ、コーチとして最初から足かせを感じることになります。

人間の潜在能力に完全な信頼を寄せると、成功の種は既に蒔かれています。

  • 質問をすることを学ぶ

適切なマインドセットを持つだけでなく、コーチになるためのもう一つの重要なスキルは質問です。特に、ただ質問をするためのものではない質問が求められます。優れた質問は創造的な思考、解決策の探求、エンパワーメントを引き起こすものであり、それらを考え出すためには深い知識と定期的な実践が必要です。

効果的な質問を通じてエンパワーメントを促進すると、コーチは自己評価を高め、相手の能力と潜在力に自信を示します。

  • 専門の認定コースを受講する

専門の能力認定が必要とされないかもしれませんが、あるレベルのプロフェッショナリズムに達したほとんどのコーチは、認定を所有しています。これらの文書は能力と信頼性を示すためのものです。資格を持たない配管工を雇うことをためらう人と同様に、コーチングの資格は他者に対して、その人が資格のあるコーチであり、自分の仕事を知っていることを示す強力なシグナルとなります。

コーチング

コーチングの仕事

コーチングを受けたい|適当なコーチを見つける方法

コーチを探す際には、必要な資格や経験だけでなく、あなたのニーズや目標に適したコーチを見つけることが重要です。そのためには、潜在的なコーチについて徹底的な調査を行うべきです。彼らのバックグラウンド、過去の経験、成功事例などを熟読することで、自分に適したコーチを見つける手助けになります。

コーチングは人生にポジティブな変化をもたらす非常に有益な変革の手段です。ただし、適切なコーチとアプローチを見つけることが成功の鍵です。

コーチングの名言

I do three things: speaking or teaching, which I enjoy the most, coaching is where I learn everything, and writing is where I reach people.

マーシャル・ゴールドスミス博士

ティーチングは私にとって最も楽しいことであり、コーチングは物事を学ぶのに役立ち、書くことは人々とコミュニケーションをとることを可能にするものです。

Transformational coaching enables people to become aware of what stops them from getting going and what gets them going.

ジャック・キャンフィールドとピーター・チー

変革的なコーチングにより、人々は何が自分の前進を妨げ、何が自分を前進させているのかに気づくことができます。

Our presence is a present to the people we coach.

ピーター・チーとセリーリー・アルカラス

私たちの存在は、コーチを受ける人への贈り物です。

その他のコーチング名言はここで見つけることができます。

人材育成

コーチングの本

皆が参照できるコーチングをテーマにしたいくつかの書籍の要約:

おすすめのコーチング本に関する記事全文は、こちらをご覧ください

コーチング

まとめ

コーチングは、個人と組織の発展において不可欠な要素となっています。この手法は、人々が自らの潜在能力に気付き、それを最大限に引き出す手助けを提供し、持続可能な変革を促進します。最適なコーチを見つけ、コーチングの原則とスキルを理解することで、豊かな人生と成功への道が開かれるでしょう。

他の項目:


外部リンク

Coaching: The Key to Unleash Human Potential. https://itdworld.com/blog/coaching/what-is-coaching/.

What is Coaching? Tips on How to Become a Good Coach. https://vncmd.com/en/insights/what-is-coaching/.

一緒に学びましょう!

購読する

コメントを残す

DMCA.com Protection Status