意思決定の方法|ビジネスリーダーのための 8 ステップのガイドライン

意思決定の方法
ホームページ » 対人関係 » 社会的知能 » 意思決定の方法|ビジネスリーダーのための 8 ステップのガイドライン

リーダーシップは、正確な評価能力が必要な複雑な役割です。チームをよりよく導くためには、リーダーが有効な意思決定を構成する要素や潜在的な落とし穴を回避するための主要なガイドラインについて把握している必要があります。この記事では、意思決定の特性の概要と、指導者がより情報豊かな解決策を導くためのヒントや戦略を提供します。

意思決定の方法|8つの要素

  1. 分析的に思考する

分析的に思考する

意思決定のための分析の技術

意思決定は、利用可能な事実や選択肢を熟考することを要するプロセスです。指導者にとって重要なのは、潜在的な偏見を特定し排除すること、そして長期的な結果を想像することです。これにより、今日行われる行動が組織の目標と一致するようになります。

たとえば、2つの潜在的なプロジェクトの間で決定しなければならないとしましょう。一つは早い段階で多額の収益をもたらしますが、後にはより大きな損失を招く可能性があります。もう一つは膨大な投資が必要で即時の収益が得られないかもしれませんが、時間の経過とともにより利益が上がるでしょう。この場合、分析的思考が健全な意思決定をするための鍵となります。

  1. 戦略的に計画する

戦略的に計画する

企業の意思決定

すべてのデータと変数を考慮したら、望ましい結果に到達するのを支援する複数のステップを含む包括的な計画を立てる時が来ました。これには、短期および長期の目標の特定、マイルストーンの設定、および目標の実行のための実行可能なタイムラインの作成が含まれるべきです。

この原則を実行する例として、リーダーが組織全体のコストを1年間で5%削減するという目標を設定することが考えられます。これを達成するために、旅行費用の削減、コスト効率の良い材料の新しい供給業者の探索などのベンチマークの目標の設定を含む実行可能な計画を立てる必要があります。途中で進捗状況を評価し、目標が達成可能であることを確認するために進捗状況を評価します。

  1. リスクを評価する

リスクを評価する

リーダーは、自分の意思決定に関連する潜在的なリスクにも注意を払う必要があります。たとえば、あるプロジェクトが不利なリスク/リターン比を持つ場合、代替的なアプローチを探す方が良いかもしれません。そのようにして、常に行動を起こす利点と欠点を考慮し、どんな結論にも達する前に潜在的な危険を評価したほうがいいです。

さて、新しい事業を始めることを考えているとしましょう。自分自身に以下のような質問をしてみます:

  • このリスクは価値がありますか?
  • 結果に影響を与える可能性のある外部の脅威はありますか?
  • 潜在的なメリットは何ですか?
  • など

これらの質問に答えることで、ネガティブな結果の可能性を減らすことができる情報に基づいた意思決定ができます。

  1. バックアップ計画を立てる

バックアップ計画を立てる

意思決定の方法

実施する戦略が正しいものになる保証はありません。徹底的な分析を行っても、リスクは存在します。したがって、魅力的でない場合でも、常に代替案をリストアップしたほうがいいです。潜在的な問題とその解決策のリストを作成して、状況がそれを要求したときに備えます。

たとえば、チームが次の四半期に顧客の関与を増やすという課題を負っているとしましょう。新しい製品やサービスを導入する方法が一つありますが、それがうまくいかない場合は、コンテンツキャンペーンの作成やプロモーションの実施などのバックアッププランを用意しておくことが重要です。

  1. 協力的な取り組みを確実にする

協力的な取り組みを確実にする

意思決定のやり方

自分だけで解決策を考えることが魅力的かもしれませんが、他の人の意見や視点を考慮に入れること、そして可能な限り同僚をプロセスに関与させることが賢明です。これにより、異なる声から利益を得ることができ、より効果的な戦略を作成するのに役立ちます。

たとえば、広告キャンペーンを立ち上げることを検討している場合、チームメンバーに何を改善できるか、またはどのチャンネルがターゲットオーディエンスに最適かを尋ねてみましょう。これにより、選択肢が複数ある状況が生まれ、すべての状況を網羅した計画を立てることができます。

  1. コミュニケーションをとる

コミュニケーションをとる

リーダーは常に関係者が情報にアクセスできるようにすることが重要です。チームメンバーから顧客やパートナーまで、進捗状況に関するタイムリーな更新を提供すること、および潜在的な問題や課題について公開で議論することは重要です。

定期的なコミュニケーションは、関係者間の信頼関係を築くための鍵であり、効率的に協力して仕事を遂行するのに役立ちます。

  1. 実行にコミットする

実行にコミットする

意思決定の方法

戦略を概説したら、その実行にコミットすることが重要です。これには、目標の特定から進捗状況の監視、関係者がすべて揃っていることを確認するまで、プロセスの各段階に注意を払い、焦点を合わせることが必要です。

また、必要に応じて変更を行うことにも意味があります。これは成功と失敗の間で大きな違いをもたらす可能性がある重要な要素です。たとえば、マーケティングキャンペーンの最初の結果が期待通りでない場合は、躊躇せずに方向転換して新しい試みを行ってみましょう。

  1. 反省する

反省する

リーダーにとっての一般的なルールは、常に自分の意思決定と実施した戦略を振り返ることです。元の目標や目的に思いを馳せ、それが達成されたかどうかを評価することが役立ちます。これにより、良かった点や将来の改善点がより明確になります。

イニシアチブが完了したら、反省の時間を取ったほうがいいです。次のような質問を自問してみましょう:

  • 自分の期待は現実的だったか?
  • 違うやり方があったか?
  • 自分の意思決定は正当化されていたか?
  • など

このプロセスにより、将来の意思決定に有益な示唆を得ることができます。

意思決定の方法

意思決定のプロセス

リーダーがより賢明な意思決定を行うためのガイドライン

  • 目標を明確に定義する:どんな決定をする前に、明確な目標と目的、そして成功の定義を設定することを確認します。これにより、作業する明確な枠組みが提供され、正しい解決策に焦点を当てるのに役立ちます。
  • 調査を行う:データを分析し、関係者にインタビューし、業界のベストプラクティスをレビューするために時間を割いたほうがいいです。情報が多ければ多いほど、情報に基づいた行動計画を立てるために装備されます。
  • 複数の情報源からフィードバックを得る:チームメンバーや関係者に入力を提供するよう奨励し、これにより以前に考慮されていなかった新しい考え方の可能性が開かれます。
  • 早く、そして頻繁にコミュニケートする:一貫したコミュニケーションは、関係者間の信頼を築くために不可欠です。進捗状況に関する頻繁で定期的な更新を提供し、潜在的な問題や課題について議論します。
  • 長期的な視点を持つ:短期的な利益に捉われるのは簡単ですが、これはしばしば悪い決定につながります。代わりに、各決定の即時の影響だけでなく、その潜在的な影響も考慮して、長期的な視点を持つよう努めましょう。

コーチング|意思決定能カの強化するための大切な要素

成功した意思決定の核心には、コーチングの重要性を理解し認識することがあります。コーチングにより、リーダーは自身の専門知識を活用するだけでなく、他者に自ら解決策を創造するよう促すことができます。これはリソースの開放、障壁の克服、最終的には結果を推進するのに役立つ強力なツールです。

コーチングは個人レベルで止まるものではありません。チーム、部門、さらには組織全体にも適用することができます。協力、創造性、探究を促進するコーチング文化を作り出すことで、リーダーは組織の真の潜在能力を引き出す機会を得ることができます。

意思決定の方法

意思決定の方法

まとめ

成功した意思決定は、単に事実を理解することや巧妙な解決策を考えること以上のものです。それは、困難に感じるときでも行動を起こす勇気と確信を持つことです。意思決定の特性を理解し、上記のガイドラインに従うことによって、リーダーは持続的な結果をもたらすより賢明な意思決定能力を向上させることができるはずです。

他の項目:


外部リンク

8 Characteristics of Decision Making: Guideline for Leaders. https://vncmd.com/en/insights/characteristics-of-decision-making/.

一緒に学びましょう!

購読する

コメントを残す

DMCA.com Protection Status