コーチングの基本原則:7 つの重要なルールの要約

コーチングの基本原則
ホームページ » 自己認識 » 自己啓発 » コーチングの基本原則:7 つの重要なルールの要約

コーチングは、組織内でリーダーを育成し、パフォーマンスを最大化するための手法として、ますます人気を集めています。しかし、コーチングにおいては、すべてのアプローチが同じように有効というわけではありません。持続的な結果を得るためには、エビデンスに基づいた実践を根底に置きつつ、個々のクライアントの独自のニーズに合わせた原則に従うことが必要です。この記事では、リーダーが自身のリーダーシップスキルを向上させることを目指し、チームメンバーの成長と発展を支援するための7つのコーチングの基本原則を探求します。

コーチングの基本原則とは?

コーチングの基本原則とは、コーチの行動やアプローチを指針とし、導く基本的な価値観、信念、基準です。これらの原則は、コーチが活動する枠組みを提供し、コーチングが専門的かつ倫理的な方法で行われることを確実にします。

コーチングの原則の重要性

コーチングの原則の重要性は、効果的なコーチング実践の基盤を形成するためです。具体的には、これらの原則は、コーチがクライアントやチームメンバーとの相互作用を導く枠組みを提供し、コーチングが専門的かつ倫理的な方法で行われることを確実にします。

以下は、このような原則を認識し、それに従うことが重要な理由のいくつかです:

  • 倫理的行動を促進することにより、コーチングにおける倫理的行動の重要な要素である誠実さ、機密保持、クライアントの自律性への尊重を強調します。
  • 一貫して効果的なサービスを提供することを可能にする明確な作業プロセスを確立します。
  • クライアントにとって意味のあるかつ達成可能な目標を設定するための枠組みを提供します。
  • クライアントの成果を向上させます – パフォーマンスの向上、モチベーションの向上、ワークライフバランスの改善を含みます。
  • 最善の実践に常にアップデートされることで、コーチがスキルを継続的に学び、向上させることを奨励し、継続的な専門的成長をサポートします。
  • 責任を持たせることにより、コーチングのプロセスにおける行動と目標への進捗を確認し、成功への責任と所有権を高めます。
  • クライアントとの信頼関係と共感を育成し、安全で支援的なコーチング関係を築くのに役立ちます。
  • 効果的なコミュニケーションを可能にし、より良い関係とより意味のある対話を促進します。
  • コーチングプロセスの明確な期待と目標を設定することで、評価の基盤を構築します。

コーチングの基本:7 つの原則の要約

  1. 人間の偉大な可能性を信じる

人は達成のためにデザインされ、成功のためにエンジニアリングされ、偉大さの種で恵まれています。

ジグ・ジグラー

コーチングの基本原則 人間の偉大な可能性を信じる

コーチングの基本

コーチングの核心には、各個人が独自に価値のある個人であり、独自の才能と偉大な可能性を持つという断固たる信念があります。コーチは他者の特別な部分を認識し、すべての人が自分自身のやり方で素晴らしくなるように創造されたと信じています。

リーダーシップのグル John C. Maxwell は、才能だけでは不十分であると主張しています。「信念が才能を引き上げる。信念がなければ、才能は最高レベルに引き上げられません。」コーチとして、あなたはコーチする各個人の中にチャンピオンを見出せるときに、さらなる動機付けを得ます。

コーチする人々の可能性に対する強い信念と信仰があると、その人々の才能が引き上げられ、彼らをさらなる成就へと鼓舞します。

偉大なコーチとして自分自身の可能性を信じると、自分自身の才能とコーチングへの動機付けが高まります。

コーチする人々があなたの可能性を信じると、その人々の才能とコーチングへの動機付けが高まります。

コーチングは無条件に支持的な関係であり、コーチする際には、その人の現在のパフォーマンスに関係なく、その人に対して完全な受容と偏見のない信念を示したいと考えます。

孫子は「孫子の兵法」で、兵士が戦いに備えるとき、戦闘が始まる前に自分の心で戦いを失うと、勝利のチャンスが最大で50%減少すると述べています。彼は信念が勝利への能力に与える深い影響を強調しています。すべての人々の内に潜在する偉大な可能性への確固たる信念は、成功するコーチングを実現する力を解放します。

見ることが信じると理解する必要がありますが、信じることが見ることでもあることを知っておく必要があります。

デニス・ウェイトリー

第1基本原則:人間の偉大な可能性を信じる

  1. 他者に価値を加える

あなたの才能と世界のニーズが交わる場所で、あなたの使命を見つけることができます。

アリストテレス

他者に価値を加える

コーチングのやり方

偉大なコーチは、コーチングが自己よりも大きな善のために自分の才能を使うことの召命であると認識しています。この召命に応えることで、自己中心的になることなく、私たちの人生の目的を維持し、同時に私たちの人生を有意義で価値のあるものに使うという深い欲求を満たします。

真の充足と意義は、他者に価値を加えることを中心とした人生の目的を完全に生きることから得られます。個人的な充足の重要な部分は、私たちが自分自身よりも大きなものの一部であり、私たちの仕事が他者にとって意味のあるものであるという感覚です。私たちコーチとして、私たちの行動のおかげで世界がより良い場所になっていることを知っています。

私はあなたの運命が何であるかは知りませんが、1つだけ知っています。それは、あなたの中で本当に幸せになる人々は、どのように奉仕するかを求めて見つけた人々です。

アルベルト・シュバイツァー

第2基本原則:他者に価値を加える

  1. 人々の最高の部分を引き出し、彼らにリードしてもらう

あなたの存在の中心には答えがあります。あなたは自分が誰であるかを知り、何を望んでいるかを知り、何をすべきかを知っています。

老子

人々の最高の部分を引き出し、彼らにリードしてもらう

コーチングの基本

人々の最高の部分を引き出すためには、まず、その人々の内に最高の部分があり、彼らがもっと良いことができると信じる必要があります。これはコーチングの第1原則に根ざしていますが、人々の最高の部分を引き出すには、その人々の偉大な潜在性を信じるだけでは足りません。コーチはクライアントが自身に存在する解決策を引き出すために効果的なリスニングを行い、適切な質問をします。彼はクライアントに答えを提供するのではなく、自分で自分の意思決定をし、リードすることを許します。

他者をリードすることは、まず自己リーダーシップから始まります。コーチが提供できる最高の贈り物の1つは、人々が自己リーダーシップを発揮するのを助けることです。老子は「指導者は、自分の仕事が完了し、目標が達成され、人々が言うときに最高です。『私たちは自分たちでやりました。』」と言いました。人々をコントロールしたいと思わなくなったとき、それが人々に責任と所有権を持たせ、彼らが行動する選択肢に責任を持たせることを始めるときです。

エンパワーメントとは、人々が自由に決定し、行動する権利を持つことを意味します。それはまた、彼らが結果に対して責任を持つことを意味します。エンパワーメントの強みは、自己リーダーシップにあり、リーダーシップを発揮し、主導権を取り、積極的に行動する能力と意思です – 要するに、物事を起こす能力です。実際、エンパワーメントこそがコーチが人々に与えるものです。自己リーダーシップこそが、人々がエンパワーメントを実現するために行使するものです。

他人を制御する者は強力かもしれませんが、自己を克服した者はさらに強力です。

老子

第3基本原則:人々の最高の部分を引き出し、彼らにリードしてもらう

  1. 権威ではなく影響力を利用する

ポジティブな影響力を使って人々を活性化し、彼らが自発的に協力するようにしましょう。

ジャック・キャンフィールドとピーター・チー

コーチングの基本原則 権威ではなく影響力を利用する

コーチングの考え方

賢明なコーチは、コーチングの議題を決定し、意思決定をし、行動を起こす際に、コーチされる人が主導権を持つことが重要であることを知っています。成功したコーチング関係を築き、有益なコーチングの対話を可能にする際に、コーチはポジションの権威ではなく関係的な影響力を使ってリードします。

影響力を行使するとは、その人が自分の自由意志の結果として本当に望むように、決定を下したり行動を起こしたりするようにすることです。共著書「Co-Active Coaching」の共著者であるローラ・ウィットワースによると、コーチの役割は議題を設定することではなく、クライアントの議題に合わせてコーチングの対話を重点的に行い、行動に移すことです。

コーチの役割は、ボスの役割と大きく異なります。ボスが人々に何をするか指示し、権威を行使して仕事をさせると、これは良いコーチングにはなりません。コーチとして、あなたは独裁者やボスのように振る舞うのではなく、人々と協力して異なるアプローチを取ります。あなたからのポジティブな関係的影響力を受けることで、コーチする人々は喜んで全力を尽くします。

リーダーシップは影響力であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

ジョン・C・マクスウェル

第4基本原則:権威ではなく影響力を利用する

  1. 挑戦を楽しむ

問題は心にとって筋トレに相当し、私たちを強くしてくれます。

ノーマン・ヴィンセント・ピール

挑戦を楽しむ

コーチングを行うと、さまざまで予測不可能な形で現れる逆境に直面することが避けられません。以下はそのいくつかの例です:

  • ある人とのコーチング関係に入り、後でその人が本当は全ての正しい答えを提供するコンサルタントを求めていることに気付くことがあります。それはコーチの役割ではありません。
  • あなたの相手は完全に迷っています。彼らは自分が何を望んでいるのか、どこに向かっているのか分からず、各コーチングの対話ごとに考えを変え続けます。
  • コーチングを純粋に社会的な談話と考える人と一緒に仕事をしています。彼らは明確な成果を生み出さずに自分の不満を吐露します。

すべての問題は学びと高みに上る機会です。この観点から事柄を見ると、あなたは内なる強さを持ち、コーチングのさまざまな技法、モデル、スキルを活用することができます。

コーチングでは、失敗は一時的であり、とどまることではありません。代わりに、失敗から学ぶことに焦点を当てましょう。挑戦に直面したときは、利点を見極め、楽観的な姿勢で取り組んたほうがいいです。このようにすることで、あなたとあなたのクライアントは本当の意味でコーチングの喜びを体験することができます。

生きる中で最も偉大な栄光は、決して失敗しないことではなく、倒れるたびに立ち上がることにあります。

ネルソン・マンデラ

第5基本原則:挑戦を楽しむ

  1. 人を成長させることに情熱を注ぐ

他人を押し下げると、自分自身を押し下げることになります。他人を高めると、自分自身も高めることになります。

ジャック・キャンフィールドとピーター・チー

人を成長させることに情熱を注ぐ

ジョン・C・マクスウェル博士の著書「Winning with People」で、ボーメランの原理という言葉が登場します。それは、「他人を助けることで、自分自身も助かる」というものです。

助けた人から直接的なリターンがなくても、他人を助けることから得られる充足感はそれだけで十分に価値があります。人々は、他人の奉仕に従事し、何も見返りを求めずに慈善活動に関わることで真の幸福感を得ます。

人々をコーチすることの最も貴重な成果の1つは、コーチングのプロセスで自己も成長することです。他人を成長させることへの真の情熱と意図が私たち自身を変革させる原動力となります。他人を育てるためには、まず自分自身を成長させなければならず、他人を継続的に変革させるためには、自分自身も継続的に変革するしかありません。

コーチングを行う前には、学び、準備し、効果的なコーチとなるためにどのようにすればよいかを考えます。

コーチングセッション中は、実践的な経験を積み、コーチングのスキルやテクニックを練習します。

コーチングの後は、対話の中で何が起こったか、何がうまくいったか、何がうまくいかなかったか、次回どうすればよいかを振り返ります。

この学習のサイクルは、コーチング関係全体を通じて何度も繰り返されます。他の人々をコーチングするにつれて、私たちはコーチングの知識、スキル、能力を身につけ、それが私たちの仕事や私生活のさまざまな側面で役立つことになります。

与えることで人は受け取ります。

フランチェスコ

第6基本原則:人を成長させることに情熱を注ぐ

  1. 他のコーチから学ぶ

真の知恵は、何も知らないことを知ることです。

ソクラテス

コーチングの基本原則 他のコーチから学ぶ

コーチングの基本の要約

より成功するためには、自分を謙虚にし、他のコーチから学ぶ必要があります。しかし、それは言うほど簡単ではありません。

コーチがコーチングを受けるのを妨げる主な要因は、プライド、自己満足、そしてコミットメントの欠如です。彼らは山の頂点に到達したと考えていますが、実際にはそうではありません。彼らは自分のいる場所に満足しており、より高いところを目指していません。あるいは、より高いレベルに登ることが厳しいし、彼らから多くを取りすぎると気づいたときに、彼らは諦めて降り始めます。

学ぶことの最大の敵は、すでに何を知っていると考えることです。それは新しい情報を求め、できる限り知識を広げることを妨げます。プライドが発生すると、人々はすでにすべてを知っていると考えます。彼らは新しいアイデアや有益なフィードバックを受け入れなくなり、自分の間違いを認めたがりません。そのような人々はあまり効果的なコーチではありません。

これらの障害を認識することは、優れたコーチになりたい人々に役立ちます。彼らは、そのような障害を乗り越えるために、常に新しい習慣を身につけ、学び続け、他の人からコーチングを受けるために意識的に選択をする必要があることを知っています。

コーチングを受ける人々と与える人々は、そうでない人々と比べて大きな優位にあります。

ジャック・キャンフィールドとピーター・チー

第7基本原則:他のコーチから学ぶ

コーチングの基本:7 つの原則の要約

まとめ

コーチングは困難な取り組みであるかもしれませんが、個人とプロフェッショナルの成長にとって、コーチと被コーチの両方にとって非常に報酬の高いものです。上記の洞察が、コーチングのキャリアを追求し、優れたマネージャーになることを目指す人々にとって有益な参考になることを願っています。

ピーター・チーとジャック・キャンフィールドによるベストセラー『画期的な成功のためのコーチング』の第 1 章に基づいて編集されました。

他の項目:


外部リンク

7 Key Coaching Principles for Long-Lasting Results. https://vncmd.com/en/insights/coaching-principles/.

一緒に学びましょう!

購読する

コメントを残す

DMCA.com Protection Status