リーダーのためのコーチングスキル|8つの基本的なコンピテンシー

コーチングスキル
ホームページ » 自己認識 » 自己啓発 » リーダーのためのコーチングスキル|8つの基本的なコンピテンシー

コーチングは、現代のビジネス環境でますます重要性を増しています。リーダーやマネージャーがチームメンバーや従業員をより効果的に導くためには、優れたコーチングスキルが不可欠です。

コーチングスキルとは?

コーチングスキル(英語:coaching skills)は、コーチが相談者に対してより良い指導、サポート、フィードバックを提供するために使用する技術やアプローチです。これには、アクティブリスニングや質問テクニックから始まり、対話やアイデア出しのための安全な空間を作ることまで様々です。

メンタリングやトレーニングとは異なり、コーチングはアドバイスを与えることではありません。その焦点は、相談者が自分自身の強みや弱点を見極めることにあります。そのため、自分自身の解決策を見つけ出すことができるようにします。それは彼らが自分に最適な方法を見つけ出し、その知識を最大限に活用して、最終目標に向かう旅路を進むことを奨励します。これらすべてがうまくいくためには、コーチは最適な役割を果たすために特定のスキルセットを持っている必要があります。

コーチングスキル

マネジメント コーチングスキル

リーダーにコーチングスキルが必要な理由

現在の時代において、伝統的な命令型管理スタイルは望ましい結果を達成するのに成功しなくなっています。その代わりに、リーダーはコーチの役割を果たし、従業員が新しい状況に適応するのを支援する必要があります。彼らは、人々が自分の考えを持ち、自己表現し、潜在能力を発揮することができる安全でエンパワーメントされた環境を築く必要があります。

コーチングにより、人々は自分が最も効果的に働く方法を理解することができると同時に、職場でパフォーマンスを向上させるのに役立つかもしれない新しいアイデア、戦略、またはアプローチを試すこともできます。さらに、それはマネージャーがチームメンバーとより意味のある関係を築くのを助け、最終的には忠誠心と動機づけを高めることにつながります。

今日の常に変化する環境で成功を望むリーダーにとって、強力なコーチングスキルは不可欠です。これらの技術を完璧にするには時間がかかるかもしれませんが、今すぐ主導権を取ることは組織内での効果を高め、士気を高く保つという点で大きな利益をもたらします。

マネージャーの役割はコーチの役割になりつつあります。

ハーバードビジネスレビュー

リーダーのための8つの基本的なコーチングスキル

コーチングスキルにはさまざまな形式があり、広範な知識と能力を含んでいます。例えば、優れたコーチは個人やチームの潜在能力を認識し、これらの強みをより大きなものに育てることができます。また、改善すべき点を見つけ出し、個々の学習スタイルに最適な学習・成長計画を立てることもできます。

ここでは、コーチやリーダーが取り組むべき8つの基本的なスキルをレビューします。

  1. 目標設定

目標設定

コーチの主な任務は、相談者が目標を設定し、それを達成するための詳細な行動計画を作成する手助けをすることです。SMART(Specific、Measurable、Attainable、Realistic、Timebound)な目標を立てることで、相談者は明確に考え、明確な目標を持って前進することができています。

目標設定フェーズでは、アクションの影響に関する質問を頻繁にすることが推奨されます(例:「ABCが目標達成にどのように役立ちますか?」)。これにより、相談者は状況をよりよく分析し、合理的な計画を立てることができます。また、優れたコーチは「問題を目標に変える」能力でも知られています。たとえば、相談者が難しい同僚について不満を述べた場合、「この人との関係を改善するためにはどうすればいいと思いますか?」と尋ねることができます。

  1. 観察と評価

観察と評価

観察はしばしば見落とされがちな重要なコーチングスキルです。相談者のボディランゲージに注意を払うことで、彼らの感情やコミットメントの状態に関する貴重な洞察を得ることができます。姿勢、表情、ジェスチャーに注意を払うことで、コーチは微妙なニュアンスを捉え、状況を正確に評価し、相談者をよりよく案内することができます。

同時に、評価は進捗状況の追跡に重要です。定期的に相談者と連絡を取り合うことで、コーチは学習の進捗状況を把握し、開発計画を必要に応じて調整することができます。

  1. アクティブリスニング

アクティブリスニング

アクティブリスニングは、相談者と積極的に関わり、ただ話を聞くだけでなく、コーチが自分の考えやアイデアを一時的に置いて、相談者に全面的に注目することを含みます。これは、特に管理の立場にある人々にとっては特に難しいかもしれませんが、成功したコーチングセッションには大きな違いをもたらす貴重なリーダーシップツールです。

真剣に聞いてくれることで、2つのメッセージを伝えています:

  • あなたが彼らをサポートし、
  • 彼らが自分の行動に責任を持ち、約束を果たすことを期待していること。

アクティブリスニングスキルを磨くためには、オープンエンドの質問、反射的なリスニング、要約などのさまざまな技術/モデルがあります。しかし、何よりも、相談者が何を達成できる可能性に対して好奇心を持ち続け、人としての彼らに本当に気を配ることが重要です。

  1. 共感力

共感力

観察とリスニングの自然な結果である共感力は、コーチングにとって重要なスキルです。共感力を持つことで、コーチは相談者の感情的状態を理解し受け入れることができます。相談者の視点から状況を見ようとすることで、コーチは相談者が気づいていないかもしれない考えや感情を正しく理解し、調整することができるようになります。

例えば、相談者が上司の話し方に怒っている場合、「今の気持ちはどうですか?」と共感力を持って尋ねることができます。

共感力を育むことは常に簡単なことではありません。特に他の人の感情に長時間集中し続けることは難しいかもしれません。しかし、練習を重ねることで、これは自然なことになり、優れたコーチが自分自身と相談者の両方に本当に忘れられない経験を提供できるようになります。共感力のあるマネージャーは、通常自己指導の状態にある従業員にとって、次のトレーニングセッションを楽しみにしていることになります。

  1. 質問する

質問する

コーチングスキルに関する質問

質問する目的は、相談者を以前に確立された思考の道筋から外れさせ、未開拓の領域に導くことです。これにより、コーチはすぐには明らかにならない新しい発見を見つけ出すことができます。さらに、相談者にこれらの解決策を自分で発見させることによって、彼らが自分の解決策を所有することを促します。これにより、目標が達成されるようにするためのコミットメントと献身度が向上します。

以下は、コーチングに関する質問に関する原則のいくつかです:

  • 自分の考えを押し付けない:推定的な性質の質問を避けます。相談者が自分自身の解決策を見つけるのを手助けすることがあなたの役割です。
  • 相談者の思考を刺激する:事実に焦点を当てるのではなく、相談者が現在の状況について深く考えさせる質問をするようにします。
  • 発見に重点を置く:「何」や「どのように」と始まる質問は、発見の道に導くでしょう。一方、「なぜ」という質問は抵抗や防御を引き起こす可能性があります。

関連投稿:自分探しの旅|人生を豊かにするステップバイステップガイド

  1. 建設的フィードバックの提供

建設的フィードバックの提供

建設的フィードバックを提供する最も効果的な方法は、「サンドイッチテクニック」を使用することです。これは、ポジティブなノートで始め、建設的な批判を提供し、最後にもう一度ポジティブな考えやコメントで終わることを含みます。

また、できるだけ具体的にすることが重要です。具体的な例を挙げることで、あなたが伝えようとしているポイントが正しく理解されていることを保証し、誤解の余地がないことを確認できます。さらに、「何を思いますか?」や「これをどのように改善できると思いますか?」などの質問を常にし、相談者が自己成長に積極的な役割を果たすようにします。

  1. 直感に従う

直感に従う

ビジネスコーチングは分析的で事実に焦点を当てていますが、相談者との取引において自分の直感を信頼することは同じくらい重要です。彼らの成功はあなた次第です – そして、微妙な合図が、状況について直感的に感じることのできるコーチによってのみピックアップされる場合があります。

可能な限り個人的な判断を使用することが最善です。これにより、コーチが相談者を適切に案内する可能性が高くなります – それも思いつかないような方法で。そうすることで、一緒に驚くべき高みに到達するかもしれません – 専門的にも個人的にも – そして、結果として組織全体の良い結果につながります。

  1. 明確化

明確化

多くのガイダンス書やリソースがしばしば省略するもう1つのコーチングスキルである明確化には、コーチが質問をし、相談者が言ったことを要約することが含まれます – それにより、両者が同じページにいることが保証されます。このプロセス中、コーチは相談者が進捗状況に満足しているかどうかを示す非言語的な合図に注意を払うことが重要です。

詳細を見逃さないようにするために、コーチは「考慮すべき他のことはありますか?」や「前進するための十分な知識がありますか?」などの質問を挙げることを検討すべきです。さらに、進捗状況を追跡する手段を決定することも役立ちます – 目標が達成されるにつれてコミュニケーションが失われないようにするためです。

最後に、各会話の終わりに、コーチは相談者が自分の達成に満足しているかどうかを確認する探求的な質問を考え出すべきです。これにより、すべてのマイルストーンが適切に達成されたことが確実にされます。

コーチングスキル

マネージャーとリーダーのためのコーチングスキル 一覧

コミュニケーションのとり方に気をつける|もう1つの重要なコーチング スキル

コーチングにおいて特に重要なのは、メッセージをどのように伝えるかです。言葉遣いは相談者の直接的な反応に影響します – 抵抗か学びたいという意欲か。以下にいくつかの例を示します:

言葉遣い
伝える内容
早く帰ってもいい?
あなたがイライラしても早く帰るつもりです。
少し早く帰ってもいいですか?
本当は早く帰りたいけど、あなたが嫌なら帰りません。
運転する?私が運転したいです。
運転する?それとも私が?
誰がハンドルを握っても私は全く問題ありません。
運転してくれる?私は実際には運転したくありません。

コーチングスキル 例文

自分の言葉の意図された意味だけでなく、他人がそれから「聞き取る」内容にも注意する必要があります。

例えば、「今日は少し早く帰りたいんだけど、いい?」と言った場合、実際には同僚に迷惑がかかるかもしれないと心配しているかもしれません。

しかし、同僚はそのメッセージを次のように解釈するかもしれません。「私はあなたがOKでもNGでも早く帰りますし、必要ならあなたは遅くまで残ることになります。」

そのため、次のように言う方がよいでしょう。「今日は本当に早く帰りたいんだけど、あなたが私の存在が必要な場合は帰りません。今回早く帰らせてもらうことに同意してくれれば、後日あなたも早く帰る機会を与えます。それでいいですか?」

なぜコーチングにおいてこれに気を配る必要があるのでしょうか?

コーチが使用する言語は、両者の信頼と相互尊重を構築する上で重要な役割を果たします。例えば、相談者に意見を押し付けたり、相談者の代わりに決定を下すのではなく(「外で会うのが効果的だと感じています。コーヒーに行ってもいいですか?」)、コーチが許可を与えることで、相談者が自分自身の意思決定を行い、プロセスに参加することができるようにすることがより有益です。これは、どのコーチングセッションにおいても成功の鍵となります。

さらに、口頭コミュニケーションに伴う非言語的な手がかりにも注意することは、コーチングスキルを大幅に向上させることができます。自己改善の旅の途中で追加の安心や励ましを必要とする人のサインに注意します。

関連投稿:意思決定の方法|ビジネスリーダーのための 8 ステップのガイドライン

コーチングスキル

コーチングスキルの質問

コーチングスキルを向上させる方法

コーチングスキルを向上させることは、多くの努力を必要とするプロセスです。プロのコーチトレーニングコースを受講することは常に価値がありますが、以下はリーダーやマネージャーが始めるためのいくつかの簡単なヒントです:

  • 職場における感情的知性を向上させる:感情的知性は、チームの感情やニーズを識別し理解するための鍵です。
  • 「人を最優先に」のアプローチを取る:批判やジャッジメントではなく、理解と尊重の立場から各相互作用に取り組みます。
  • 積極的に聞く:質問をすることでフィードバックを促し、相手の身振りや表情に注意を払い、彼らの回答に本当に興味を持ちます。
  • 柔軟である:チームメンバーに適さないかもしれない厳格な方法を避けます。彼らの状況に適応し、目標達成に役立つ創造的な方法を見つけます。
  • コミュニケーションスキルを練習する:使用する言葉とその解釈方法に注意します。アクティブリスニングを実践し、従業員にコーチングを行う際によりオープンな質問をしてみます。

コーチングスキル

コーチングスキルを高める には|ヒント

まとめ

コーチングスキルは、組織内のリーダーやマネージャーにとって非常に重要です。そのスキルを磨くことで、彼らがより強力な組織文化を築き、変化の激しいビジネス環境において持続的な成功を収めることができるでしょう。

他の項目:


外部リンク

8 Effective Coaching Skills for Leaders & Managers. https://vncmd.com/en/insights/coaching-skills/.

一緒に学びましょう!

購読する

コメントを残す

DMCA.com Protection Status