内向的な人の特徴と生き方|数行の個人的な反省

life of an introvert
ホームページ » 性格 » 価値観 » 内向的な人の特徴と生き方|数行の個人的な反省

この記事では、私自身の経験に基づいて内向的な人の生活を一端紹介します。あなた自身が内向的な人であるかどうか、または単にこの性格タイプに興味がある場合でも、ここで多くのことを発見し、学ぶことができます!

内向的な人の特徴と生き方

内向的な人とは、一体どういう意味でしょうか?

Merriam-Websterの辞書によると、内向的な人(英語:introvert)とは、「通常、控えめで静かな人であり、内省的で時間を独りで過ごすことを楽しむ」と定義されています。

さて、私は人々の性格をこのようにタイプに分類すべきかどうかについては少し懐疑的です。それでも、この枠組みが広く受け入れられていることを考えると、単純にそれに従うことにしましょう。

したがって、上記の定義によれば、私は間違いなく内向的な人間です。

  • 孤独の必要性

孤独とは、独りで過ごすことからエネルギーを得ることです。これは私が内向的で人と交流するのを嫌いだからというわけではありません。むしろ社会的なやり取りが本当にエネルギーを消耗する/過剰刺激になると感じるため、充電するために独りで過ごす時間が必要です。

  • 熟考的で内省的

外部の刺激よりも内なる思考や感情に焦点を当てる傾向があります。何かについて声を大にして主張する必要がある場合、話す前に深く考えることを楽しんでいます。

  • 小さなグループと意味のある会話を好む

大規模な集まりは圧倒的であり、そのため、より小さな、より親密な環境を好みます。そうした環境では、より深い会話を楽しむことができます。他人から見れば、大きなグループでは静かな観察者に見え、一対一のやり取りで活気づくことがあります。

  • 聞くことと観察することを楽しむ

話すよりもむしろ、他人が言っていることや感じていることに注意を払い、周りの世界を観察することを楽しんでいます。

  • 少数だが深いつながり

私は少ないですが、頻繁に連絡を取り合う友人たちは本当に大切です。私は量よりも質を重視し、同じような考えを持つ人々と深いつながりを築くことにエネルギーを注ぎます。そのため、私が持つほとんどの絆は本当に強く、意味のあるものです。

  • 自立していて自己十分

自分で決定を下すことやプロジェクトを独自に進めることには慣れています。普段、私はリーダーシップの役割を求めることを好ましく思っていませんが、絶対に必要な場合は、逃げることはありません。

  • 創造的で想像力豊か

かつては、ハリー・ポッターやエラゴンなどの作品を読んだ後に、執筆、美術、音楽などの創造的な活動に引き寄せられていました。私の作品は幼稚であったとしても、私は自分が好きなことをしていてかなり幸せでした。

人生は変わりました – そして今ではそうした活動に没頭する時間がありません。それでも、私の内なる創造性の火はまだ消えていないと信じています。

毎日、仕事から家に帰る際に私が本当に楽しんでいること(正直なところ、あなたがそれをすることをお勧めしませんが)は、運転しながら歌うことです。それが一部の人にとっては狂気じみているかもしれませんが、私はなぜそれに気にする必要がありますか?

  • 静かな活動を楽しむ

読書、執筆、自然の中で過ごすなど、私はしばしば自分だけの活動を好みます – これらは自分の内なる世界を考える機会を提供します。前述のように、大声や刺激的な環境は圧倒的に感じるためです。

  • 慎重な意思決定

私はしばしば時間をかけて意思決定を行い、注意深くすべての選択肢を検討し、慎重に行動することを好みます。私は考え深い分析を重視し、より衝動的な人々と比較して慎重に見えるかもしれません。そのため、私が何かにコミットするまでには本当に長い時間がかかるかもしれません。それでも、一度決めたら、私は通常、それにしがみつきます – 「最後まで」。

内向的な人の特徴 と生き方

内向的な性格

内向的な人の生き方|ありがちな一日

私は内向的です…一人でいるのが好きです。屋外にいるのが好きで、犬と一緒に長い散歩をし、木々や花、そして空を眺めるのが好きです。

オードリー・ヘプバーン

内向的な人の日常とはどのようなものでしょうか?

まあ、私のような人の普通の日常はこんな感じでしょう。

毎日、目覚まし時計が鳴ると同時に、私はスヌーズボタンを押し、数分間毛布の静かな繭を楽しんでいます。私にとって、朝は貴重な独り時間です。私はゆっくりと目を覚まし、コーヒーを飲み、静かな日の出の響きを楽しみます。この内省的な静かな時間は私の一日の燃料です。

仕事

オフィスでも週末のカフェでも、私の典型的なルーティンは、ヘッドフォンと専用の作業スペースで静かさを見つけることです。独りでのブレインストーミングセッションは、私が本当に優れていると感じる場所です。

話しすぎる人の近くに座るのは好きではありません。これらの人々は、私が集中できないようにしてくれる本当の邪魔者だと感じます(それによって私の仕事の質を低下させます)。

時には、私が仕事に没頭しているときに、誰かが私に何かを尋ねてくると(または上司が「緊急」な日常の仕事を頼むと)非常にイライラすることがあります。

可能な限り、大規模な会議から遠ざかる傾向があります(または必要がない限り黙っています)。私にとって、これらは(ほとんどが)時間の無駄です – 大声の人が声を上げて他の人々を圧倒するチャンスです。より小さな会議 – 理想的には一対一のセッション – が私にとってははるかに快適です(そして生産的でもあります)。

昼食時には、私はデスクで一人で過ごすか、または1〜2人の親しい友人と外で過ごすことを好みます。大きなグループで座って、人々が些細なことについてひたすらおしゃべりするのはストレスでしかありません。そのため、ほとんどの時間、私は黙っていたりして過ごします。

時折、上司や同僚、メンターにアドバイスや相談を求めることがありますが、それは本当に必要な場合だけです(そして私には独力で問題を解決するのが難しいと判断した場合です)。

オフィスにいる間は、時々休憩をとることがありますが、ほとんどの時間、私は一人でリラックスしたり、信頼できる友人と軽い会話や散歩を楽しむことが好きです(他の多くの人々と同じようにグループで過ごすことはありません)。

人付き合い

仕事が終わった後、(勉強や教えるための授業に行ったり、家で休息をとったりする予定がない限り)、親しい友人とコーヒーを飲んだり静かな夕食を楽しんだりすることがあります。そこでは、私たちは興味を持っているニッチなトピックについて深い会話を楽しむことがあります(例えば、将来の道、目的、精神的なこと、本など)。

時々、私の会社や上司が皆に参加するための集まりを開くことがあります。正直なところ、私はこれらのパーティーが本当に嫌いです – ほとんどの場合(思うに)、人々はただ夕食をとったり、ゴシップをしたりするためにそこに行くだけです。

そういえば、以前の会社の上司が皆をナイトクラブバーに招待したことがあります。ああ、それが私にとってどれだけの悪夢だったかを言葉にできません。騒音、音楽、踊り…。私はそんな場所で快適さを見いだせる人々がどうやっているのか理解できませんでした。

内向的な人として、自分の限界を知っています – そして、量よりも質を優先することを絶対としています。

人々は私を見て、異なっていると考えるかもしれません。

私にとって、そんな人々は皆同じです。

内向的な人の特徴 と生き方

内向的な人の特徴

夕方

家に戻ったら(仕事がない限り)、通常は好きな趣味でリラックスします。たとえば:

  • バッハ、ショパンなどの世界的な音楽家のクラシック音楽を聴くか、クロスオーバー楽曲(イル・ディーヴォ、ジョシュ・グローバン、アンドレア・ボチェッリなどの歌手)を聴きます。
  • 楽しんでいるクロスオーバー楽曲の練習をします。
  • ビデオゲームをプレイします(ポケモンのような落ち着いた冒険ゲームが好きです。挑戦的ではありませんが、ストーリー、音楽、新しいキャラクターと出会ったり、アイテムを集めたり、新しい謎を発見したり、人生の教訓を学んだりする興奮がたまりません)。
  • ストリーマーのプレイを観賞します(今は主にこれをやっています – 自分でプレイする代わりに。時間とエネルギーを節約するだけでなく、無限の感情のサイクルに陥るのを避けるためでもあります)。
  • ブログを書きます(今私がしていることのように)。
  • 本や小説、漫画を読みます。
  • ファンタジーやアニメを観ます(時間がかかるので、あまり頻繁にはしません)。
  • 映画やゲームのサウンドトラックを聴きます(参考までに、これらは私のお気に入りのものです:Diagon AlleyYugi-OhSun & MoonLOTRWC3 – Humanなど)。
  • 興味のあるトピックを検索するためにGoogleをサーフィンします。
  • あるいは単に自分の考えと静かな時間を楽しむことがあります。
  • その他。

これらは、私が通常行うことであり、次の日の社会的なエネルギーを充電し、私の経験を振り返り、そして「自分らしく」あるためのものです。本当の私です。

私の典型的な日々は、常に社会的な交流で満たされたものではありませんが、それでも私は、それが豊かで充実しており、私の個人的なニーズに完璧に合っているという確信を持ち続けています。

そう思いませんか、私の内向的な友達たち?

恋愛と人間関係

正直に言うと、私にはまだ彼女はいません。研究、仕事、私の内面…これらが私の人生のかなりの部分を占めています。

しかし、以下で少し考えを共有したいと思います。

すでに述べたように、浅い関係よりも深いつながりが私にとってはずっと重要です。他の人を知るとき、私は時間をかける傾向があり、大きなバー/パーティーではなく一対一や小さなグループでの設定を好みます。

誰かと一緒にいるときは、私はコーヒーショップのような静かで閉じた空間で時間を過ごすことを好みます – そこでは、自律性を保ち、ゆっくりとした、しかし平和で意味のある議論を楽しむことができます。

会話の中で、私はパートナーや友人に先に行動を任せる傾向があります – 私の番が来るまで(例えば、パートナーが私の意見を求めたり、既に自分の意見を話し終えたりする場合)。他の人が話している最中に邪魔をすることは – 私にとって – 意地悪だけでなく、私の多くのエネルギーを取られることです。

もしパートナーがいくらか敏感な/個人的な/誤解を招く可能性のある質問をする場合、私の傾向は、進む前に明確な説明を求めることです。時には、会話を「活性化」するために、私はいくつかの皮肉な発言を加えるかもしれません(それは私の個性です – 私は誰も傷つけたいと思っていない)。

私が同じような内向的な人にのみ魅力を感じるということを意味するのでしょうか?

そうでなければいけないとは思いません。

パートナーは、お互いの欠点を補うために存在すると私は考えています。したがって、内向的な人が外向的な人と関係を持つことは、お互いの境界を尊重すれば完全に問題ないと思います。

内向的な人の生き方

内向的な人の特徴

内向的な人の人生と困難

私は小さく見えるかもしれませんが、私の心の中には宇宙があります。

オノ・ヨーコ

内向的な人にとって人生は難しいのでしょうか?内向的な人は人生で成功することができるのでしょうか?彼らにとって人生はつまらないものなのでしょうか?

これらは一般的な質問です – 特に、いわゆる「外向的な人々」の間でです。私たちのような人々はしばしば誤解されます – 時には恥ずかしがり屋や反社会的な人と見なされることさえあります。中には内向性を「克服する必要がある」と考える人もいます。

私たちの性格傾向は、特に外の世界がどんどん「騒がしく」なっているという点を考えると、欠点を伴います。

私たちの性格を理解していない人たちにとって、私たちは失礼で傲慢に見えるかもしれません – たとえ私たちがそう意図していなくてもです。

人々はしばしば私たちをより社交的で話し好きで「楽しい」人になるように批判し、圧力をかけます – これは私たちをさらに疲れさせ、私たちのアイデンティティに疑問を投げかける人もいます。(本当に、私たちが彼らに同じことをしたら – 彼らは全く幸せでしょうか?)

私たちの愛情が深いとしても、自分の気持ちを言葉で表現し、外に向けて表現することはしばしば非常に難しいです – 人々が私たちの意図を誤解するのも無理はありません。

雑談やネットワーキングイベントは私たちにとって難しいものです – 私たちはより深い会話を好みます。社会的な場で自分を表現することに苦労することがよくあります。

私たちが仕事に貢献する能力を持っていても、厳しい現実はほとんどの職場環境が私たちの集中力や静かな環境への必要性には実際には対応していないということです。(そして人々は私たちが仕事の要件を満たしていないと言います)

私たちは反映や再充電のためのスペースと時間が必要です。同時に、私たちはまた、志を同じくする人々からの意味のある関係と社会的なサポートを求めています。現在の世界では外向的な人々が支配的であることを考えると、それが常に簡単な仕事ではないと私は言えるでしょう。

内向的な人の特徴

内向的な人の特徴

さまざまな課題にもかかわらず、私は内向的な人が「より外向的になる必要がある」と思いません。

私にとって、内向性は単に私たちがエネルギーを得たり消費したりする方法に関連する個性の選択肢です。

内向的な人として、私たちは外向的な人と同じように面白く、興味深いことができます。私たちは単に異なる方法で自分自身を表現しています(時には本当に人々を驚かせる方法で)。

ところで、ある日、私の同僚の一人が他の人たちに対して「彼女は退屈で、人生を少しでも「楽しく」するために何か飲みたい」と述べました。

私は皮肉なことを言いました。「では、塩を飲んでください!」

会話中に相手の表情が見えれば。

まあ、それが私たち内向的な人の生き方だと思います。

内向的な人も外向的な人と同じくらい成功し、幸せになることができます。私たちはただ異なる環境の必要があります。

関連投稿:感情を理解する|人生のバランスと成功の鍵

内向的な人の特徴

外向的と内向的な違い

内向的な人の特徴|好きと嫌い

私も他の誰と同じように、完璧に幸せでありたいと思います。しかし、他の誰と同じように、それは私自身のやり方でなければなりません。

ジェーン・オースティン

嫌いなこと

  • 表面的な雑談:私は、深みと内容のある意味のある会話を好みます。私にとって、些細な「くだらない」話はただエネルギーを奪い、インスピレーションを与えません(その場合、人々のことを話す「カルマ」を避けるために昼寝をする方がいいでしょう)。
  • エネルギーバンパイアとドラマ:本当に、私の人生とは何の関係もないいくつかの有名人に関するゴシップやドラマ、意味のないニュースを浴びせられる意味は何でしょうか?
  • 過度な騒音:大きな音楽、騒々しい人混み、絶え間ないおしゃべり…これらのことはいつも私をイライラさせます。静寂や心を落ち着かせる音があれば、私は集中することができます。
  • 継続的な社会的刺激:大規模な集まり、うるさい混雑した環境、終わりのない社会的義務は、私にとって本当に圧倒的で、エネルギーを奪います。
  • 予期しない社会的な相互作用:突然の臨時の計画、社会的な状況での突発的な状況…これは私の好きなことではありません。ほとんどの場合、私は断るか、できるだけ早く去ります。
  • 外向的であることへの圧力:より社交的で「陽気」に振る舞うことを期待されることは、内部の葛藤や自己不足感を招くだけです。他人はなぜ私たちの選択や境界を尊重しないのでしょうか?(幸い、私は以前よりも成長しているので、現在はそれほど問題ではありません)
  • 評価と誤解:内気、高慢、反社会的と間違えられることがありますが、私の性格は単に内向的です。

好きなこと

  • 深い、意味のある会話:深いレベルでつながった人々との思考やアイデアの共有。
  • 静かな時間のための孤独:私にとって、独りでの時間をリチャージするのは楽しみだけでなく、不可欠です。自分の考えを整理し、エネルギーを充電し、創造性を育むためです。
  • 小さな、親密な集まり:リラックスした環境で親しい友人や愛する人との質の高い時間を過ごすこと。
  • 創造的な活動:書くこと、音楽、アート、または他のあらゆる創造的な自己表現の方法。私にとって、これらは言葉での表現と比べてはるかに満足感があります。
  • 集中する活動:読書、執筆、または声の練習など、私に深く関与させる活動。
  • 意味のある仕事:深く集中し、私の分析力を利用し、意味のある方法で貢献するタスクに参加すること。
  • 誠実さと真のつながり:相互理解、尊重、忠誠心、そしてコミットメントに基づく関係。

もしも外向的な人が上記のことについてもっと意識していれば、世界はずっと良い場所になっていたと私は信じています!

でも、私たちは皆、認識に関して制限があり、過去を変えることはできません。

もしあなたが私のような人たちと苦労している外向的な人であれば、私の上記の共有が少なくともあなたが私たちを理解し、共感するのを容易にすることを願っています。

内向的な人の生き方

内向的な人の特徴

内向型の生き方戦略

内向性を治療すべきものとして考えないでください… 自由な時間を、自分がやりたいように過ごしてください。自分がやらなければいけないと思うようにではなく。

スーザン・ケイン

やるべきこと

充電する:

  • 一人の時間をスケジュールに組む:一日や一週間の中で孤独な時間を確保しましょう。たとえそれが、読書や静かな反省のための30分でも構いません。
  • 癒しの場を作る:自宅の中でリラックスや一人の活動をするための快適で静かな場所を指定しましょう。片付けをし、落ち着いた色を選び、楽しい静かな活動のためのスペースを作ります。
  • マインドフルネスを実践する:瞑想などの活動はストレスを管理し、内なる世界とつながるのに役立ちます。
  • 自然を楽しむ:外出し、散歩をしたり、庭仕事をしたり、自然界に浸ったりしましょう。
  • 健康的な対処方法を開発する:社交不安や圧倒感と向き合う健康的な方法を見つけましょう。深呼吸の練習、ジャーナリング、ペットと過ごすなどです。

つながる:

  • 意味のあるつながりを求める:あなたの性格を理解し、評価してくれる質の高い友人関係に投資しましょう。
  • コミュニティに参加する:趣味や関心事に合ったグループや活動を見つけ、志を同じくする人々との深いつながりを提供する機会を見つけましょう。
  • オープンにコミュニケーションする:友人や家族、パートナーに自分のニーズや好みを伝え、理解を深め、誤解を避けましょう。
  • 自分らしく表現する:部屋で一番大きな声でなくても、自分の意見や考えを伝えることはできます。文章、アート、または一対一の会話など、自分にとって快適な方法で思考やアイデアを共有しましょう。

繁栄する:

  • 情熱を追求する:喜びをもたらし、自己表現を許す趣味や活動に従事しましょう。
  • カレンダーを管理する:社交的な活動を事前に計画し、それを数人の親しい友人や家族に制限しましょう。
  • 境界を設定する:圧倒的な社会的な義務に「いいえ」と言い、自分のエネルギーレベルに合った活動を優先しましょう。
  • ネガティブな考えに挑戦する:内向的な強みや独自の視点を受け入れることで、自己疑問や社会の期待に立ち向かいましょう。

やってはいけないこと

  • 外向的になろうと無理をすること:自分を変えようとするプレッシャーを感じない。自分の人格タイプは贈り物です。呪いではありません。ですから、ただ物事を受け流して、自分の人生を歩みましょう。
  • 自分のニーズを謝ること:あなたは孤独な時間とスペースを必要としています。自分の幸福を優先することに罪悪感を感じる必要はありません。
  • ネガティブなステレオタイプを信じること:他人によって内向的な誤解に基づいてあなたを定義させない。あなたは能力があり、興味深い人物であり、価値ある貢献をすることができます。低い自信や自尊心に引っ張られることはありません。
  • 自分を消耗させるような状況に自分自身を追い込むこと:すべての社交イベントに出席しなければならないと感じる必要はありません。必要な場合は、孤独とリチャージを優先しましょう。
  • 完全に孤立すること:一人の時間は重要ですが、社会的な相互作用も重要です。あなたに適したバランスを見つけましょう。そして、友人、家族、またはオンラインコミュニティに意味のある交流を求めることを恐れない。
  • 自分を他人と比較すること:それぞれの人の社交的なニーズは異なります。他人があなたに何をすべきかということではなく、自分にとって正しいことに焦点を当てましょう。
  • 自分の内なる声を無視すること:自分のエネルギーレベルに注意を払い、自分の限界を超えないようにしましょう。自分の体に耳を傾け、必要に応じて休憩を取りましょう。
  • 身体の健康を無視すること:運動、健康的な食事、良い睡眠は、内向的な人々を含め、すべての人にとって重要です。体を大切にすることで、エネルギーレベルと全体的な幸福感が向上します。
  • 助けを求めることを恐れること:苦しんでいる場合は、セラピスト、コーチ、メンター、またはカウンセラーから専門的な支援を求めることをためらわない。彼らは課題に対処するための指導とサポートを提供できます。
  • 楽しむことを忘れること:私たち内向的な人々は、仕事や目標に真剣に取り組みすぎる傾向があり、その結果、自己の幸福や幸福を無視します(私はその良い例です)。リラックスし、笑い、自分自身や他人と楽しむことを学び、人生の美しさと驚きを感じましょう。

内向的な人生を生きることは、自分自身を理解し、自分のニーズを尊重し、自分の好みに合ったライフスタイルを作り出すことです。経験はしばしば挑戦的ですが、あなた自身のユニークな強みを常に受け入れ、真の自己表現と充実した人生を見つけるための方法を見つけるように自分に思い出させましょう。

関連投稿:自己肯定感|毎日自尊心を育むための 16 のヒント

内向型の生き方戦略

内向的人間のすごい力

内向的な人の特徴と生き方に関するよくある質問

内向的な人は内向的な人と付き合えるのですか?

もちろんです!実際、2人の内向的な人は素晴らしいサポートし合い、理解し合う関係を築くことができます。お互いに孤独な時間の必要性を理解し、意義のある会話を重んじ、一緒に静かな時間を大切にします。

常に社交的な相互作用が必要なわけではなく、内向的な性格を尊重し、あなたの強みを補完してくれる相手を見つけることが重要です。

後から内向的な性格になることはできますか?

もしあなたが社交的な相互作用により疲れを感じるようになり、より静かな空間を求め、深い会話を好むようになった場合、それは自然な嗜好の変化かもしれません。

私にとって、完全に別の人物になることではなく、内省的な孤独を求める必要性が高まっていることを認識することです。

内向的な人は年をとるとますます内向的になりますか?

多くの場合、人々は年をとるにつれて、社会的な孤立感をより強く感じる傾向があります。優先事項が変わり、表面的な相互作用よりも意味のあるつながりが重要視されるようになります。内向的な人々は単に、常に社交的である必要がないという社会的な圧力なしに、自分の孤独な時間の必要性をより快適に感じるかもしれません。

私はずっと内向的でしょうか?

核となる性格特性は安定している傾向がありますが、発展と変化は可能です。 人生経験、個人的な選択、自分探しの旅はすべて、世界との関わり方に影響を与えます。 自分の内向的な傾向を理解していますが、時間が経つにつれて、社交的な交流がより快適になることに気づくかもしれません。

内向性は、固定された特性ではなく、好みの組み合わせとして見るべきです。

内向的な人は孤独ですか?

絶対違う! 一人の時間を優先しますが、内向的な人も他の人と同じように、深くて有意義なつながりを切望しています。

関連投稿:自分への質問|毎日を振り返るための一覧

内向的な人の生き方

内向的な人が秘めている力

内向的な人の特徴と生き方|感動する名言

締めくくる前に、私と同じような内向的な人にとって本当に共感できると感じるいくつかのインスピレーションを与える引用文を見てみましょう。もし私のような人物だったら、これらを読んでから自分の内なる炎を「点火」できることを願っています。

I was never less alone than when by myself.

エドワード・ギボン

私は私自身でいるときほど、決して孤独ではありませんでした。

Silence is a source of great strength.

老子

沈黙は大きな力の源です。

Be a loner. That gives you time to wonder, to search for the truth. Have holy curiosity. Make your life worth living.

アルベルト・アインシュタイン

一人でいることで、考え、真実を探す時間が与えられます。神聖な好奇心を持ち、自分の人生を価値あるものにしなさい。

Alone had always felt like an actual place to me, as if it weren’t a state of being, but rather a room where I could retreat to be who I really was.

シェリル・ストレイド

一人でいることは、私にとって実際の場所のように感じました。存在する状態ではなく、私が本当に私自身であるために撤退できる部屋のようでした。

I want to be alone… with someone else who wants to be alone.

ディミトリ・ザイク

一人になりたい人と一緒に一人になりたい。

As a child, I suppose I was not quite normal. My happiest times were when I was left alone in the house on a Saturday.

チャールズ・ブコウスキー

子供の頃、私はおそらく完全に正常ではありませんでした。私の最も幸せな時は土曜日に家に一人残されたときでした。

上記の名言が気に入った場合は、より包括的なリストをここにまとめました。

また、この本にも興味があるかもしれません:内向型人間の時代: 社会を変える静かな人の力(英語:Quiet – The Power of Introverts in a World That Can’t Stop Talking)

まとめ

これで、内向的な人の人生についての私の共有は終わりです。常にスポットライトを浴びて生きているわけではないかもしれないが、それは深みと意味と静かな強さに富んだ人生である。

結局のところ、世界は活気に満ちたおしゃべりと静かなささやきの両方を必要としています。私たちが人生の真のシンフォニーを見つけるのは、両方の調和のとれたブレンドの中にあります。

賛成ですか?

他の項目:

一緒に学びましょう!

購読する
DMCA.com Protection Status